音学.com

渋沢栄一 徳育と実業 錬金に流されず
  • 渋沢栄一 徳育と実業 錬金に流されず
  • 渋沢栄一 徳育と実業 錬金に流されず

渋沢栄一 徳育と実業 錬金に流されず

作者: パンローリング
販売形式: ダウンロード/
形式:MP3
時間:約301分
所属ジャンル:
リーダーシップ自己啓発・成功法則
備考:
こちらの商品は、zipファイルです。
決済完了後、マイページよりダウンロードできるPDFファイルにURLが記載されておりますので、
お手数をおかけし申し訳ございませんが、そちらよりダウンロードをお願いいたします。

シリーズ一覧

◆このセットには、以下のオーディオブックが含まれています

シリーズ一覧

詳細情報



道徳とは何か。論語の教義から導く正義の真髄。
天命とは人生に対する絶対的な力である――

商業は自己の利益を追求するものであり、道徳とは相容れないものとされてきた。
渋沢は世に蔓延る風潮を全くの誤解であると言い、
商業と道徳は真に合体するものであるとする「道徳経済合一説」を唱えた。

渋沢の実業哲学の根幹は天命論にある。天命は広く社会に尽くすことを求める。
それは人間としての本分であり、踏み行うべき道理である。
渋沢は、利益追求そのものを否定しているのではない。
たとえ私欲の事業であっても、道理に従い社会的視野を持って仕事に従事するならば、
事業は必ず公利公益へとつながり、それは本分としての道徳の実行となる。
人間の本分に従う限り、商業と道徳は本来ともに手をとって発展していくものである。

今日、商業道徳への意識が再び薄らぎつつある。道徳不在の経済は、
いつか必ず社会を破壊する。そうなる前に、我々は渋沢の実業哲学から学び、
日本社会に生きるものとしての本分を見つめなおす必要がある。




目次・収録内容

刊行にあたって
Track.2
「徳育と実業 -錬金に流されず-」について
Track.3
天命論
Track.4 - 10
道理
Track.11 - 15
天の使命
Track.16 - 20
私の処世主義
Track.21 - 26
日本の商業道徳
Track.27 - 34
武士道と実業
Track.35 - 38
富貴栄達と道徳
Track.39 - 43
仁義道徳と利用厚生
Track.44 - 46
清濁併せ呑まない弁
Track.47 - 51
論語と算盤
Track.52 - 58
論語主義と権利思想
Track.59 - 63
人生論
Track.64 - 72
私の家訓
Track.73 - 77
忠君愛国
Track.78 - 80
言動は忠信に行動は篤敬に
Track.81 - 83
益友と損友
Track.84 - 88
敬意と敬礼
Track.89 - 92
一つのこと、一つの物にも精神的であれ
Track.93 - 95
本当の幸福
Track.96 - 99
口舌は禍福の門
Track.100 - 102
成功論
Track.103 - 105
成功も失敗も意に介さないこと
Track.106 - 109
迷信
Track.110 - 114
統一的大宗教
Track.115 - 119
道徳経済合一説
Track.120


購入者特典として、倍速版音声が付属しています。(MP3ファイル)

ダウンロード版をお買上のお客様
ダウンロード版には、初めからご購入の商品に特典が同梱されています。ダウンロードしていただいたzipファイルを解凍していただくと、「digigi-tokuiku」というフォルダができます。そのフォルダの中に、通常音声の他に「x2」というフォルダがあります。「x2」フォルダを開いていただくと、その中に倍速版が収められています。




渋沢栄一(しぶさわ・えいいち)

現在の埼玉県深谷市の豪農に生まれる。
幕末の動乱期には尊皇攘夷論に傾倒、のちに一橋家に仕える。
欧州各地を視察して帰国後、大蔵省租税司、大蔵権大丞を歴任。
辞職後は実業に専心し、第一国立銀行(第一勧業銀行の前身)の創設をはじめ、
実業界の第一線から退くまで500あまりの会社を設立、
資本主義的経営の確立に大いに貢献した。晩年は社会・教育・文化事業に力を注ぎ、
東京高等商業(現一橋大学)等の設立を斡旋し、東京市養育院等の各種社会事業にも広く関係した。


※本商品は『渋沢栄一 徳育と実業 錬金に流されず』
[国書刊行会刊 渋沢栄一著 ISBN:978-4-336-05312-1 1,890円(税込)]
をオーディオ化したものです。(C)Eichi Shibusawa


詳細情報



道徳とは何か。論語の教義から導く正義の真髄。
天命とは人生に対する絶対的な力である――

商業は自己の利益を追求するものであり、道徳とは相容れないものとされてきた。
渋沢は世に蔓延る風潮を全くの誤解であると言い、
商業と道徳は真に合体するものであるとする「道徳経済合一説」を唱えた。

渋沢の実業哲学の根幹は天命論にある。天命は広く社会に尽くすことを求める。
それは人間としての本分であり、踏み行うべき道理である。
渋沢は、利益追求そのものを否定しているのではない。
たとえ私欲の事業であっても、道理に従い社会的視野を持って仕事に従事するならば、
事業は必ず公利公益へとつながり、それは本分としての道徳の実行となる。
人間の本分に従う限り、商業と道徳は本来ともに手をとって発展していくものである。

今日、商業道徳への意識が再び薄らぎつつある。道徳不在の経済は、
いつか必ず社会を破壊する。そうなる前に、我々は渋沢の実業哲学から学び、
日本社会に生きるものとしての本分を見つめなおす必要がある。




目次・収録内容

刊行にあたって
Track.2
「徳育と実業 -錬金に流されず-」について
Track.3
天命論
Track.4 - 10
道理
Track.11 - 15
天の使命
Track.16 - 20
私の処世主義
Track.21 - 26
日本の商業道徳
Track.27 - 34
武士道と実業
Track.35 - 38
富貴栄達と道徳
Track.39 - 43
仁義道徳と利用厚生
Track.44 - 46
清濁併せ呑まない弁
Track.47 - 51
論語と算盤
Track.52 - 58
論語主義と権利思想
Track.59 - 63
人生論
Track.64 - 72
私の家訓
Track.73 - 77
忠君愛国
Track.78 - 80
言動は忠信に行動は篤敬に
Track.81 - 83
益友と損友
Track.84 - 88
敬意と敬礼
Track.89 - 92
一つのこと、一つの物にも精神的であれ
Track.93 - 95
本当の幸福
Track.96 - 99
口舌は禍福の門
Track.100 - 102
成功論
Track.103 - 105
成功も失敗も意に介さないこと
Track.106 - 109
迷信
Track.110 - 114
統一的大宗教
Track.115 - 119
道徳経済合一説
Track.120


購入者特典として、倍速版音声が付属しています。(MP3ファイル)

ダウンロード版をお買上のお客様
ダウンロード版には、初めからご購入の商品に特典が同梱されています。ダウンロードしていただいたzipファイルを解凍していただくと、「digigi-tokuiku」というフォルダができます。そのフォルダの中に、通常音声の他に「x2」というフォルダがあります。「x2」フォルダを開いていただくと、その中に倍速版が収められています。




渋沢栄一(しぶさわ・えいいち)

現在の埼玉県深谷市の豪農に生まれる。
幕末の動乱期には尊皇攘夷論に傾倒、のちに一橋家に仕える。
欧州各地を視察して帰国後、大蔵省租税司、大蔵権大丞を歴任。
辞職後は実業に専心し、第一国立銀行(第一勧業銀行の前身)の創設をはじめ、
実業界の第一線から退くまで500あまりの会社を設立、
資本主義的経営の確立に大いに貢献した。晩年は社会・教育・文化事業に力を注ぎ、
東京高等商業(現一橋大学)等の設立を斡旋し、東京市養育院等の各種社会事業にも広く関係した。


※本商品は『渋沢栄一 徳育と実業 錬金に流されず』
[国書刊行会刊 渋沢栄一著 ISBN:978-4-336-05312-1 1,890円(税込)]
をオーディオ化したものです。(C)Eichi Shibusawa


渋沢栄一 徳育と実業 錬金に流されず
  • 渋沢栄一 徳育と実業 錬金に流されず

渋沢栄一 徳育と実業 錬金に流されず

作者: パンローリング
販売形式: ダウンロード/
形式:MP3
形式:MP3
時間:約301分
所属ジャンル:
リーダーシップ自己啓発・成功法則
備考:
こちらの商品は、zipファイルです。
決済完了後、マイページよりダウンロードできるPDFファイルにURLが記載されておりますので、
お手数をおかけし申し訳ございませんが、そちらよりダウンロードをお願いいたします。

■音声サンプル視聴

音学は・・・

音学は・・・