音学.com

自社再生 会社再生のプロが明かす再生手法 vol.1「コミュニケーション編」 自社再生 会社再生のプロが明かす再生手法 vol.1「コミュニケーション編」
  • 自社再生 会社再生のプロが明かす再生手法 vol.1「コミュニケーション編」
  • 自社再生 会社再生のプロが明かす再生手法 vol.1「コミュニケーション編」
  • 自社再生 会社再生のプロが明かす再生手法 vol.1「コミュニケーション編」
  • 自社再生 会社再生のプロが明かす再生手法 vol.1「コミュニケーション編」

自社再生 会社再生のプロが明かす再生手法 vol.1「コミュニケーション編」

作者: 山田 修
販売形式: ダウンロード/
形式:オーディオブック(MP3)
時間:1時間4分4秒
ファイルサイズ:43.9MB
所属ジャンル:
ビジネス経営者マネジメント・部下指導新着商品

シリーズ一覧

◆このセットには、以下のオーディオブックが含まれています

シリーズ一覧

詳細情報

傾きかけている会社を再生させる具体的手法


8年連続人気講師No.1の箱田忠昭先生から「渡辺くん、彼ははっきり言ってすごいよ。ぜひ、彼の音声は録ったほうがいい。机上ではなく、実務で
結果をだしている数少ない人だからね。」と紹介していただいたのが、山田修先生です。
経歴を見ると、これがすごい。

難しいといわれる外資を4社、日系2社で社長を歴任し、すべて成長、利益率ともに数年に渡って、右肩下がりだった会社を極めて
短期間で優良企業の変貌させているのです。

例えば、フィリップスライティングでは、3年で75億から200億、ミードウェストベーコーでは40億から80億へ非常に短期間で成長させて
いますが、7年連続で売り上げが半分にまで下がっていたいた中で就任しみごとにV字回復させていたのです。

あまりにも、凄まじい結果をだしていることから、日本経済新聞で「企業再建請負経営者」と紹介されています。

このオーディオブックの中で、その手法を3つに分解、vol.1から3までに分けてあり
全部で約3時間にもわたり、たっぷりと企業を再建する具体的な手法をお話いただいています。

「この手法をぜひ、若いこれからの人たちに伝えていきたい」

ということから、非常に安い価格で提供させていただくことができました。

山田先生は講演のプロではないので話は流暢ではないかもしれません、それでも知恵、経験が溢れる音声になっており、聴くごとにヒント、ひらめきを
きっと得ることができるでしょう。
今のように厳しい経営環境だからこそ、ぜひ聴いていただきたいオーディオブックです。


<作者経歴>
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
経営暦
ポント・データ・ジャパン(株) 社長: イギリス本社
王氏港建日本(株) (WKKジャパン) 社長: 香港上場の大手華人企業
フィリップス・ライティング(株) 社長: オランダ本社
ミードウエストベーコ(株)社長: アメリカ本社(フォーチュン500企業)
キッチンハウス(株)社長: 日本(企業再生案件)
トーラス(株)社長: インターネットベンチャーの創業支援

経営セミナー、講演
団体: 社会経済生産性本部、日本経済新聞、清和会、PHP研究所、国際政経懇話会、日本経営者同友会、住友青年経営者研究会、SMBCコンサルティング、全日本能率連盟、各地商工会議所、各地ロータリークラブなど
企業: IBM,三菱グループ共同マーケティング研究会、JT、富士電機、富士通、アサヒビールなど
大学: 青山学院大学院、法政大学院、米国サンダーバード国際経営大学院CEOセミナー名誉スピーカー、専修大学、麗澤大学、国際関係学院など
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

詳細情報

傾きかけている会社を再生させる具体的手法


8年連続人気講師No.1の箱田忠昭先生から「渡辺くん、彼ははっきり言ってすごいよ。ぜひ、彼の音声は録ったほうがいい。机上ではなく、実務で
結果をだしている数少ない人だからね。」と紹介していただいたのが、山田修先生です。
経歴を見ると、これがすごい。

難しいといわれる外資を4社、日系2社で社長を歴任し、すべて成長、利益率ともに数年に渡って、右肩下がりだった会社を極めて
短期間で優良企業の変貌させているのです。

例えば、フィリップスライティングでは、3年で75億から200億、ミードウェストベーコーでは40億から80億へ非常に短期間で成長させて
いますが、7年連続で売り上げが半分にまで下がっていたいた中で就任しみごとにV字回復させていたのです。

あまりにも、凄まじい結果をだしていることから、日本経済新聞で「企業再建請負経営者」と紹介されています。

このオーディオブックの中で、その手法を3つに分解、vol.1から3までに分けてあり
全部で約3時間にもわたり、たっぷりと企業を再建する具体的な手法をお話いただいています。

「この手法をぜひ、若いこれからの人たちに伝えていきたい」

ということから、非常に安い価格で提供させていただくことができました。

山田先生は講演のプロではないので話は流暢ではないかもしれません、それでも知恵、経験が溢れる音声になっており、聴くごとにヒント、ひらめきを
きっと得ることができるでしょう。
今のように厳しい経営環境だからこそ、ぜひ聴いていただきたいオーディオブックです。


<作者経歴>
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
経営暦
ポント・データ・ジャパン(株) 社長: イギリス本社
王氏港建日本(株) (WKKジャパン) 社長: 香港上場の大手華人企業
フィリップス・ライティング(株) 社長: オランダ本社
ミードウエストベーコ(株)社長: アメリカ本社(フォーチュン500企業)
キッチンハウス(株)社長: 日本(企業再生案件)
トーラス(株)社長: インターネットベンチャーの創業支援

経営セミナー、講演
団体: 社会経済生産性本部、日本経済新聞、清和会、PHP研究所、国際政経懇話会、日本経営者同友会、住友青年経営者研究会、SMBCコンサルティング、全日本能率連盟、各地商工会議所、各地ロータリークラブなど
企業: IBM,三菱グループ共同マーケティング研究会、JT、富士電機、富士通、アサヒビールなど
大学: 青山学院大学院、法政大学院、米国サンダーバード国際経営大学院CEOセミナー名誉スピーカー、専修大学、麗澤大学、国際関係学院など
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

自社再生 会社再生のプロが明かす再生手法 vol.1「コミュニケーション編」 自社再生 会社再生のプロが明かす再生手法 vol.1「コミュニケーション編」
  • 自社再生 会社再生のプロが明かす再生手法 vol.1「コミュニケーション編」
  • 自社再生 会社再生のプロが明かす再生手法 vol.1「コミュニケーション編」

自社再生 会社再生のプロが明かす再生手法 vol.1「コミュニケーション編」

作者: 山田 修
販売形式: ダウンロード/
形式:オーディオブック(MP3)
形式:オーディオブック(MP3)
時間:1時間4分4秒
ファイルサイズ:43.9MB
所属ジャンル:
ビジネス経営者マネジメント・部下指導新着商品

■音声サンプル視聴

音声の内容

企業再生 コミュニケーション

ステップ1
・ 徹底したコミュニケーションをとれ
・ 覚悟を決めろ
・ 同士を見極めろ
・ 分け入れ、社員の中に

・ 経営上の根本的な問題点を見つける一番有効な方法とは?
・ 再建へのグループ面談の具体的な手法
・ 赤提灯で一杯を進めないわけ
・ 個別面談の3つの重要ポイント

・ 具体的な面談テクニック
・ 問題点を把握し、モチベーションをあるには「すぐにやる」
・ 面談で人材を発掘する
・ 問題点を見つけ、改善点を見つけ、人材を見つける

・ リーダーシップの2つの資質
・ コミュニケーションは、改善、学ぶことのできる技術である
・ 問題点と解決策を吸い上げる
・ すぐやる面談で劇的にコミュニケーション。モチベーションは改善する

・ 公平な基準とは?
・ 社長は孤独に負けるな

ステップ2

・ 3つの要素で大づかみに分析せよ
・ でてきた問題点をどうやって解決するのか?
・ 自社の本当の強みはなにか? 外部とのコミュニケーション
・ 重要顧客からの情報収集術
・ 顧客に話をしてもらう「質問力」
・ ゼロベースで再評価する
・ トップこそがもっともホットで重要な情報を手に入れることができる
・ 経営者だからできる新規市場で競合の情報を手に入れる方法
・ こうして進むべき方向が見えてくる
・ 中小企業ではポジショニングマップは使わない方がいい
・ 【重要】自分でできる「山田式 会社の指標を決める3つの指標」
・ MBAをとり、経営を経た今いえる最も重要なこと

・ 今後3年間への方向付け
・ 数字で分析してはいけない
・ 長期的な方向付けをしてはいけない

音学は・・・

音学は・・・