音学.com

音学実践会 第三回 9月16日「省エネ ツイッターブランディング術」【終了しました】
  • 音学実践会 第三回 9月16日「省エネ ツイッターブランディング術」【終了しました】
  • 音学実践会 第三回 9月16日「省エネ ツイッターブランディング術」【終了しました】

音学実践会 第三回 9月16日「省エネ ツイッターブランディング術」【終了しました】

作者: 音学.com+
販売形式: セミナー・講演会/
所属ジャンル:
新着商品音学特集ビジネス起業・独立ネットビジネス
備考:
※ 当日は音声またはビデオ収録を行う予定です。ご了承の上お申し込みください。

シリーズ一覧

◆このセットには、以下のオーディオブックが含まれています

シリーズ一覧

◆このセットには、以下のオーディオブックが含まれています

詳細情報



音学実践会 第三回 「省エネ ツイッターブランディング術」
講師 石井聡(多読書評ブロガー)
内容 ツイッターの始め方から
サラリーマンをやり、ブログを書きながら、たった2カ月の隙間時間だけで
1万人からフォローされた「時間を使わないツイッター攻略法」まで

会費 3500円
人数 10名〜15名を予定しています
開催日 9月16日(木曜日)
時間 19時?20時40分
会場 Playground Office Q(渋谷)

会場地図はこちら


-----------------------------------------------------------

■ 講師 石井聡さんより■

『今世の中にはいろんな情報があふれています。多読書評ブログという活動で伝えているものも、情報の一つにすぎません。

ただ多くの情報を受信するだけの情報受信者でいるのと、
「情報発信者」としての立場を取れるのとでは大きな違いがあります。

ツイッターは、現在非常に効果の高い情報「伝達」ツールです。

私も今まではブログがメインで、ツイッターはIDを取得していただけでしたが、この春すぎから取り組み始めて、その波及効果の大きさに驚いています。

ブログで読者数1000人を超えるのには2年近くの時間がかかりましたが、ツイッターでは放っておいて1000人以上、取り組み始めて2ヶ月で10000人の方からフォローを頂く事が出来ました。

ツイッターは今がピークだと思うので、波に乗ってもう一歩踏み出しておきたい方へ、私が試行錯誤して辿り着いた一つの方法をお伝えしたいと考えています。

今考えているポイントの一つは「情報発信感」です。

この「情報発信感」をいかに「普通の会社員」として演出していくかということを、ブログでもツイッターでも続けています。

実は、月間101冊本を読んでいる印象とは違うかもしれませんが、本人としては相当インプットを絞り込んでいる感覚で動いています。

渡邉さんの音学ドットコムのメルマガでも少し紹介頂きましたが、実はアウトプット前提の動きしかしていないのです。

ツイッターにおいても、情報収集的な機能には触れずに、「情報発信感」をいかに演出していくかという部分に特化して活動しています。

・いかに自分を情報発信者として認識してもらうか
・価値観の合うフォロアーをどう効率的に集めるか
・そしてただフォローしてもらうだけで終わりではなく、記憶の片隅に自分を残してもらうにはどうしたら良いか
ということをひたすら試行錯誤しました。

ネットの世界で認知されるには、ある程度の量や結果の演出が必要です。
限られた時間の中でその結果を得ていくためにやれることがあります。

難しいことはしていません。アプローチするタイミングと伝える内容をちょっと工夫するだけで、人とは違うポジションを取っていくことができます。

・ツイッターに興味はあるけど取り組めていない
・ツイッターは使っているけど、つながりが広がっていかない
・ツイッターでいまだに「○○なう」とつぶやいている

・ブログやMixi派なんだけど、どうも最近行き詰まりを感じている
・独立したいと思っているけど、自分には仕事以外のツテがない
・もっと自分のやっていることを世の中に知ってもらいたい

ツイッター経験者の方から、どうもあと一歩ツイッターの世界に踏み出せないと思っている方まで来ていただければうれしいです。

何か世の中に伝えたいことがある人も、自分が一体何が出来るのか、何が伝えられるのかこれから探していきたい人も、ツイッターを始めとしたソーシャルメディアを上手に活用していくことで、自分一人では見つけることのできないものを見つける事が出来ます。




詳細情報



音学実践会 第三回 「省エネ ツイッターブランディング術」
講師 石井聡(多読書評ブロガー)
内容 ツイッターの始め方から
サラリーマンをやり、ブログを書きながら、たった2カ月の隙間時間だけで
1万人からフォローされた「時間を使わないツイッター攻略法」まで

会費 3500円
人数 10名〜15名を予定しています
開催日 9月16日(木曜日)
時間 19時?20時40分
会場 Playground Office Q(渋谷)

会場地図はこちら


-----------------------------------------------------------

■ 講師 石井聡さんより■

『今世の中にはいろんな情報があふれています。多読書評ブログという活動で伝えているものも、情報の一つにすぎません。

ただ多くの情報を受信するだけの情報受信者でいるのと、
「情報発信者」としての立場を取れるのとでは大きな違いがあります。

ツイッターは、現在非常に効果の高い情報「伝達」ツールです。

私も今まではブログがメインで、ツイッターはIDを取得していただけでしたが、この春すぎから取り組み始めて、その波及効果の大きさに驚いています。

ブログで読者数1000人を超えるのには2年近くの時間がかかりましたが、ツイッターでは放っておいて1000人以上、取り組み始めて2ヶ月で10000人の方からフォローを頂く事が出来ました。

ツイッターは今がピークだと思うので、波に乗ってもう一歩踏み出しておきたい方へ、私が試行錯誤して辿り着いた一つの方法をお伝えしたいと考えています。

今考えているポイントの一つは「情報発信感」です。

この「情報発信感」をいかに「普通の会社員」として演出していくかということを、ブログでもツイッターでも続けています。

実は、月間101冊本を読んでいる印象とは違うかもしれませんが、本人としては相当インプットを絞り込んでいる感覚で動いています。

渡邉さんの音学ドットコムのメルマガでも少し紹介頂きましたが、実はアウトプット前提の動きしかしていないのです。

ツイッターにおいても、情報収集的な機能には触れずに、「情報発信感」をいかに演出していくかという部分に特化して活動しています。

・いかに自分を情報発信者として認識してもらうか
・価値観の合うフォロアーをどう効率的に集めるか
・そしてただフォローしてもらうだけで終わりではなく、記憶の片隅に自分を残してもらうにはどうしたら良いか
ということをひたすら試行錯誤しました。

ネットの世界で認知されるには、ある程度の量や結果の演出が必要です。
限られた時間の中でその結果を得ていくためにやれることがあります。

難しいことはしていません。アプローチするタイミングと伝える内容をちょっと工夫するだけで、人とは違うポジションを取っていくことができます。

・ツイッターに興味はあるけど取り組めていない
・ツイッターは使っているけど、つながりが広がっていかない
・ツイッターでいまだに「○○なう」とつぶやいている

・ブログやMixi派なんだけど、どうも最近行き詰まりを感じている
・独立したいと思っているけど、自分には仕事以外のツテがない
・もっと自分のやっていることを世の中に知ってもらいたい

ツイッター経験者の方から、どうもあと一歩ツイッターの世界に踏み出せないと思っている方まで来ていただければうれしいです。

何か世の中に伝えたいことがある人も、自分が一体何が出来るのか、何が伝えられるのかこれから探していきたい人も、ツイッターを始めとしたソーシャルメディアを上手に活用していくことで、自分一人では見つけることのできないものを見つける事が出来ます。




音学実践会 第三回 9月16日「省エネ ツイッターブランディング術」【終了しました】
  • 音学実践会 第三回 9月16日「省エネ ツイッターブランディング術」【終了しました】

音学実践会 第三回 9月16日「省エネ ツイッターブランディング術」【終了しました】

作者: 音学.com+
販売形式: セミナー・講演会/
所属ジャンル:
新着商品音学特集ビジネス起業・独立ネットビジネス
備考:
※ 当日は音声またはビデオ収録を行う予定です。ご了承の上お申し込みください。

音学は・・・

音学は・・・