音学.com

宮本亜門

宮本亜門

宮本亜門

日本を代表する演出家。

1958年1月4日生まれ・O型 東京都出身
出演者、振付師を経て、2年間ロンドン、ニューヨークに留学。
帰国後の1987年にオリジナルミュージカル「アイ・ガット・
マーマン」でデビュー。
翌88年には、同作品で「昭和63年度文化庁芸術祭賞」を受賞。
ミュージカルのみならず、ストレートプレイ、オペラ等、
現在最も注目される演出家として、国内外に活動の場を広げている。
2004年秋には、ニューヨークのオンブロードウェイにて”太平洋序曲”を東洋人初の演出家として手がけ、2005年同作はトニー賞の4部門でノミネートされる。
2007年7月アメリカ・サンタフェオペラフェスティバルで、タン・ドゥン作曲の現代オペラ「TEA:A Mirror of Soul」を演出し、好評を得た。
2008年2月には、アメリカ・ワシントンのジャパンフェスティバルで「UP IN THE AIR」を発表する。

宮本亜門の商品一覧

音学は・・・

音学は・・・